グローバルブランディング・セミナー「低迷するジャパンブランド 。その復活と強化。」

リーマンショックの前より、世界のマーケットシーンで苦戦を強いられている日本ブランド。
製品の機能や価格では、差別化が困難と言われて久しいにもかかわらず、
ブランディングでなかなか有効な打開策が出せない企業が多いのが実態ではないでしょうか?
今回、米国ナイキ本社でワールドワイド・アドバタイジング担当役員、
米国スターバックス本社においてはCMO(マーケテイング最高責任者)として、
グローバルブランディング分野で多くの実績を収めた、
スコット・ベドベリ(Scott Bedbury)氏が緊急来日。
「顧客経験に基づくマーケティング」でグローバルブランディングを成功に導いた考え方や手法を、
具体的事例を交え、ご紹介致します。

アジェンダ予定(通訳付き)

  1. スターバックスは、いかにして、「コーヒー」というコモディティを、毎朝何千万人の人にとっての「安らぐ第三の場」というブランドしたのか?
  2. パワフルなブランドを少ない投資で構築するには?
  3. 費用対効果の高い、ワールドクラスのマーケテイングコミュニケーションを創るには?
  4. いかにして、絶え間ない人間のニーズや真実を、従業員や顧客へ活用するか?
  5. 意味ある「顧客インサイト」と強い社内ブランド文化を通じて、いかに顧客経験に基づくマーケテイングを強化するか?
  6. 危機的なブランド認知を変革するために、どのように、社内資産やリソースを、鼓舞・集中・調整させるか?
  7. これまでのマーケテイングではできなかった、ブランドや使命の再定義を行う効果的なCSRプログラムを、どのように構築するか?
  8. いかにして、日本ブランドを世界で求められる、的を得たブランドヘと再構築できるか?

日時・会場

東京

2010年4月7日(水)14:00~17:00

セルリアンタワー東急ホテル39Fソレール

東京都渋谷区桜丘町26-1 TEL 03-3476-3000

京都

2010年4月9日(金)14:00~17:00

ホテルフジタ京都 比叡の間

京都市中京区鴨川二条大橋畔 TEL 075-222-1511

■受講料:12,000円

■主催:MODO Group Japan、株式会社大伸社

■申し込み方法:メールもしくはお電話にて、以下までご連絡下さい。
株式会社大伸社 グローバルブランディング・セミナー事務局 中村
junnaka@daishinsha.jp tel 03-3405-0603

【講師紹介】スコット・ベドベリ (Scott Bedbury)

1987年より、米国ナイキ本社でワールドワイド・アドバタイジング担当役員として、“Just Do It!”キャンペーンなどを通じ、同社の現在に至るグローバルポジション獲得に大きく貢献。1995年、米国スターバックス本社に、CMO(マーケティング最高責任者)として就任。それまでは、代表的なコモディティの一つであった、「コーヒー」のブランドを「顧客経験に基づくマーケティング」と「製品イノベーション」を通じて再構築。

今回のセミナーで紹介される事例は、「顧客経験に基づくマーケティングやデザイン」の分野で、現在も世界中で広く語られるもので、彼自身20カ国以上で講演を行っているものである。スターバックス退社後は、数多くの企業のコンサルティングを手掛け、その著書、「A New Brand World」は、邦訳「なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?」としても出版されている。現在は、アメリカ(シアトル)のブランディング・コンサルティングファーム MODOグループ会長。

「なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?」