みちのく応援団は、マーケティングツールのデザインや印刷などを行う大伸社の有志社員と
活動主旨に賛同してくださった企業様、写真家などのクリエータたちが
カレンダーの制作を通じそのカレンダーと収益金を
東日本大震災で親を失くした子ども達にお届けしているプロジェクトです。

2021年度のカレンダー「心象のスケッチ」は販売を終了し、
ご協賛ご購入いただきましたカレンダーの収益金は
震災遺児の就学の夢を支援されている公益財団法人みちのく未来基金様および
相馬市教育復興子育て基金様へお届けさせていただきました。

2011年の震災発生後より活動をスタートしたこのプロジェクトは10年を迎え、
2021年3月時点で、カレンダー1,750部と収益金の12,567,096円を
被災地の子ども達に寄付することができました。

皆さまのご支援ご協力、誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
今後は当プロジェクトのSNSにて被災地の情報を随時お届けしてまいります。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2021年度のカレンダーの販売は終了しました。
ご購入・ご協力いただきありがとうございました。
みちのく未来基金 web bellmark 株式会社大伸社

お申し込みに関するお願い


みちのく応援団をいつもご支援いただきありがとうございます。
現在、ご支援の窓口をクラウドファンディングサイトMotion Galleryにご用意しています。
お手数をおかけしますが、こちらのサイトからのお申し込みをよろしくお願い申し上げます。


購入ページへ