会社沿革 | 株式会社大伸社

トップ > 会社沿革

会社沿革

1952年 3月
大阪市天王寺区にて 上平達輔が創業
1984年 2月
東京支社開設
1993年 1月
社団法人中小企業研究センター賞受賞
1997年 10月
マルチメディアタイトル「私たちの森」 優秀映像教材選奨文部大臣賞受賞
2000年 11月
上平 諭、代表取締役社長に就任
2003年 1月
FSC森林認証(CoC認証)取得
2006年 2月
プライバシーマーク認定取得
2007年 2月
中部支局開設
2007年 8月
東京本社 自社ビル取得
2008年 10月
第2回 AICA SHOP DESIGN CONTESTにて、東京大学森川研究室のデザインで優秀賞を受賞
2008年 12月
第60回全国カレンダー展にて、日本商工会議所会頭賞及び審査委員特別賞を受賞
2009年 4月
第30回日本BtoB広告賞にて、企業カタログの部特別賞及び製品カタログの部銅賞を受賞
2009年 8月
シカゴのエスノグラフィのフラッグシップ国際会議EPIC2009で、論文が選考され、ワークショップとポスタープレゼンテーションを実施
2009年 10月
東京本社別館 地下1階に[SLOPE GALLERY]を常設
2010年 2月
インタビュールーム[Insight Lab(インサイトラボ)]開設
2010年8月
東京のエスノグラフィのフラッグシップ国際会議・EPIC2010にて、論文が選考され、ワークショップとポスタープレゼンテーションを実施。
2010年9月
ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー10月号にて、取締役白根英昭がエスノグラフィーに関する論文、「エスノグラフィック・マーケティング」を寄稿。
2011年1月
イギリスのデザインコンサルティング会社、ザ・ディビジョンと協業で、日本・アジア・欧米企業向けデザインコンサルティングサービスを開始
2011年 12月
第63回「全国カレンダー展」にて、みちのく応援団/チャリティーフォトカレンダーが「国立印刷局理事長賞」を受賞
2012年 12月
第64回「全国カレンダー展」にて、みちのく応援団/チャリティーフォトカレンダーが「審査委員特別賞/飯沢賞」を受賞
2014年 11月
5社の事業会社設立
第66回「全国カレンダー展」にて、みちのく応援団/チャリティーフォトカレンダーが「文部科学大臣賞」「第二部門金賞」受賞
2015年 12月
第67回「全国カレンダー展」にて、みちのく応援団/チャリティーフォトカレンダーが「経済産業省商務情報政策局長賞」「第三部門金賞」を受賞
2016年 12月
第68回「全国カレンダー展」にてみちのく応援団/チャリティーフォトカレンダーが「日本製紙連合会賞」を受賞
2017年 3月
大阪市女性活躍リーディングカンパニーの認証を取得
2017年 6月
第38回日本BtoB広告賞にて、製品カタログ「単品」の部・銀賞、ウェブサイト「スペシャルサイト」の部・銅賞を受賞
2018年 5月
第39回日本BtoB広告賞にて、製品カタログ「総合」の部・金賞、銅賞、製品カタログ「単品」の部・銅賞を受賞
2018年 9月
大伸社LAB開設
2018年 10月
大阪本社、なんばスカイオに移転
2018年 12月
第70回「全国カレンダー展」にて、みちのく応援団/チャリティーフォトカレンダーが「経済産業省商務情報政策局長賞」「第三部門金賞」を受賞

Group company

Our Label

Page topPage top