デザインテクノロジーの最前線 - 桐山孝司

m.c.t.ホーム > エクスペリエンスマガジン > デザインテクノロジーの最前線 - 桐山孝司 > Etsyとコラボレーティブ消費

2011.06.17Etsyとコラボレーティブ消費

自分で工作や手芸をする人の間で有名なエッツィ(Etsy)というサイトがある。ハンドメイド品とアンティークのオンライン・マーケットプレイスで、家具、アクセサリー、ウェディング関係から音楽用小物まで、いろいろな物が出品されている。紙関係だけでもカード、ノート、ギフトラップなどそれぞれに作者のアイディアが満載で、ついどんな人が作っているのか、その店のプロフィールを見たくなる。

売り手にとってEtsyは、自分の作った物が多くの人の目に触れてビジネスにつながる場所である。Etsyがオンラインショップを準備するので、出品するには品物の説明や写真を用意すれば良い。Etsy自体のビジネスモデルとしてはebayと同じように出品費用と売り上げから一定割合のマージンを取るという形である。ただebayのオークションとは異なり、あくまで売り手が値段をつける権利を持っている。Etsyの創設者のロバート・ケイリン自身が、自分で作ったハンドメイドの家具を広く売りたいということから始めたように、売る側と買う側が対等の関係になっているのが特徴である。

オンラインでは買い手と売り手を仲介しているEtsyだが、それ以上に貢献しているのは、手芸や工作が好きな人のコミュニティーを作っていることだろう。Etsyの本拠地のブルックリンにはEtsy labsというスペースがあり、クラフトのワークショップを開いている。また自発的にチームを作って情報交換をしている同好会グループが何百もある。そして実はEtsyに限らず、見渡すといつの間にかクラフト関係のサイトが増えている。Big Cartel, Bonanza, Art fire, Folksy, Craft Fetish, DaWanda, MadeItなど、それぞれ特徴があるが、共通するのは個人ベースのオンラインショップ、オンラインとオフラインの融合、コミュニティをサポートする点である。クラフト、DIY分野の進化は、ここ10年ほどの間に少しずつ顕在化してきたコラボレーティブ消費の模範例を見るようである。

コラボレーティブ消費とは、大量生産と、何もかも買い揃えようという大量消費から少し離れて、生産者から必要なものを直接購入しようという方向性を持った生活の仕方である。消費には物品だけでなく、機能を利用するサービスも含まれる。Rachel BotsmanとRoo Rogersは「私のものはあなたのもの-コラボレーション消費の台頭-」(邦題「シェア」)の中で、そのような例をたくさん集めている。例えば空き部屋をホテルやB&Bのように貸し出すAirbnb、5千台の自転車と400カ所のステーションを使って運用しているモントリオールの自転車シェアリングBIXI、日曜大工の道具を図書館のように無料で貸し出すサンタローザ・ツールライブラリなど、ここ10年ほどの間に出て来た多くの事例がある。彼らはそういった事例を「プロダクト・サービス・システム(PSS)」「再分配市場」「コラボレーティブ・ライフスタイル」の3種類に整理している。Airbnb、モントリオールのBIXI、サンタローザ・ツールライブラリのように使われていない余力を共有するのがプロダクト・サービス・システム、Etsyのように提供したい人と求めている人とを結びつけるのが再分配市場、個人で仕事をしている人がオフィスを共有してお互い刺激を得るような付加価値のある共同利用がコラボレーティブ・ライフスタイルである。いずれも無駄をなくして役立つものを活用するという現実的な生活スタイルを支援する方向に向かっている。

コラボレーティブ消費をやりやすくする上で、技術的な進歩も一役買っていることも見逃せない。実際、Etsyのエンジニアリングチームにはたくさんのスタッフが関わっており、例えば好きな色から商品を検索するようなインタフェースを開発している。またハンドメイドの基準に合わないような大量生産品の再販売者などを排除するための監視ツールなども、内部的に開発しているそうである。利用者側もAPI(アプリケーション開発用インタフェース)を使って、売り上げを記録したり、iPadやAndroidから商品を検索したりするツールを作っている。こういった小さい技術開発の積み重ねが利用することを楽しくしているのである。

コラボレーティブ消費はあらゆる場面で目立ち始めている。提供者と消費者の信頼関係の上に成り立つという性質のため時間がかかる面もあるが、大量消費のオルタナティブなものとして、便利で安く、何より楽しいことから、これから少しずつ存在感が増して行くだろう。生活スタイルの面でも、技術的な発展が向かうという面でも、注目しておきたい動向である。

R.ボッツマン、R.ロジャース:「シェア」、NHK出版(2010)

etsy_labsmic.PNG
Etsyラボでのクラフトの集まり。http://www.etsy.com/community?ref=so_comより。